戸建てに住む以上、いずれリフォームが必要になることを理解しておきましょう。実施する具体的なタイミングは状況区によって異なります。たとえば、トイレや給湯器などの設備が壊れたときに実施するケースも多いです。屋根や外壁の塗装がはがれてきたときなども良いタイミングといえます。

また、戸建ての老朽化が進んでいなくてもリフォームするケースも見受けられます。子どもが生まれて部屋を増やしたい場合や、高齢になってバリアフリー化したいときなどです。世間の流行を取り入れる形で、現代風のキッチンに変えるような事例も珍しくありません。リフォームというと大規模なものをイメージしがちですが、壁紙の張り替えなどを中心としたシンプルなものも含まれます。

近年では建て替えのかわりにフルリフォームも人気で、専門の業者も少なくありません。各業者ごとに料金やプランが異なりますから、気になる業者のホームページをチェックしてみましょう。

外壁塗装によるメンテナンスのタイミングについて

外壁塗装によるメンテナンスはアクリル系だと5年前後、ウレタン系でも10年に1回は塗り替える必要があります。シリコン系やラジカル系の塗料であれば、15年くらいはもちますが、それでも環境条件が良い場合に限られます。早ければ10年経たずに劣化し始めますし、早めに外壁塗装によるメンテナンスを考える必要性が出てきます。

なるべく外壁塗装によるメンテナンスの周期を遅らせたい場合は、光触媒系の塗料やフッ素系の塗料など、耐久性が高く寿命が長いものを選ぶべきです。遮熱系や無機系は特に長寿命に期待できますから、コストは別として15年以上は外壁塗装によるメンテナンスをせずに済みます。勿論、期待通りの寿命を実現するには、定期的な清掃や状態のチェックといった、外壁塗装によるメンテナンスが大切です。

チョーキング現象が見られたらメンテナンスを視野に

一般的に外壁塗装によるメンテナンスは10年ごとを目安に行うほうが良いと言われているものの、場合によってはそれよりも先にメンテナンスを行わなければならない症状が出てくることがあります。その症状の一つがチョーキング現象と呼ばれるものです。チョーキング現象とはどのようなものなのかと言うと、塗料に含まれている顔料がチョークの粉のようになり外壁の表面に出てくることを指します。

外壁を触った時に白い粉が手に付着した場合には、外壁が防水機能を失っていることの表れです。もしもこの症状を発見した場合には放置するのではなく、できるだけ早い段階で外壁塗装業者にメンテナンスの依頼をすることが求められます。日当たりの良い南側、西日の当たる面、軒天井による日陰ができないバルコニーの壁などは、特に注意深く観察するようにしましょう。

リフォームによるメンテナンスで得られるメリット

住宅の外壁は、リフォームによるメンテナンスをしっかりと行うことにより、様々なメリットを得ることができます。建物のメンテナンスは何かトラブルが発生する前に事前に行うことが肝心です。あくまでもリフォームは10年ごとに行うということは目安に過ぎず、何も異常を感じていなかったとしても、しっかりと点検を行わなければ、重大な劣化を進行させるなどして、思わぬ費用が発生する可能性も考えられます。

メンテナンスを行わなければ、劣化を見ようとして症状が進行し、簡易的な補修工事では追いつかなくなってしまうこともあります。例えば結露により下地材と断熱材が腐食してしまった場合には、結露に違和感を感じた時点で依頼しておけば、腐食は進まなかったかもしれません。初期の段階で済ませられれば価格も安く大掛かりにはなりません。コストを抑えるためにも非常に重要なことです。