住宅設備のなかでも室内の雰囲気を演出する効果が高いとされる「照明」機器をみていきましょう。タイプ別照明としては、「部分照明」「全体照明」「直接照明」「間接照明」などがあげられるようです。さらには、シーリングライト、ペンダント、スポットライト、スタンドライト、ブラケット、ダウンライト、フットライト、建築化照明などがあげられるようです。

照明は市内ばかりでなく、お庭や玄関のガーデンライト、ポーチ灯、門灯などがあるようです。「照明」選びは、その空間で、ご家族やゲストたちがどのような行動を行うかといった、室内利用の目的に沿ったタイプを選ばれると良いようです。ワークスペースなどには、手もとを明るく照らすことのできるタイプが必要とされてくるでしょう。また静かに会話や読書を楽しみたいリビングなどでは、間接照明と部分照明を組わせることなども良いでしょう。