家づくりのパートナーとしては、ハウスメーカー、工務店、建築家などがその代表として知られているようです。まずはそれぞれとの出会いが必要とされてきますが、ハウスメーカーとの窓口は、各ハウスメーカーのモデルルームが立ち並ぶ住宅展示場などへ足を運ばれることが一般的であるようです。その他にも最近ではネット通じて詳細情報を得たりカタログ請求を行う方が多いとされているようです。

工務店は地元密着型の店舗をイメージされる方が多いのではないかと思われますが、建築家同様に知人や友人などを通じて紹介されるケースもあるようです。工務店も建築家も、最近はインターネット上で作品を紹介したり、これまでの実績を調べることもできるようですので、気になる店舗や事務所を比較しながらチェックしてみることがファーストステップとなりそうです。